FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

茨城クラフトから戻りました

茨城クラフトフェアから戻りました。
今回は楽しい数日間でしたぞ。

出発は22日の木曜日  開催が土曜日曜の二日間で早めの出発。
ほら例の大雪が水曜日でした。 金曜日出発では 渋滞とか通行止めとか
心配性な性格。 早く出発。 こんなに早い出発は初めてです。

自宅から現地まで 約230キロ。静岡県富士市から茨城県筑西市  基本一般道路をテクテクと です。
雪の翌日の出発 どのルートが良いのか  わかんねーから とりあえず箱根越えでした。

DSCF6737-20-20.jpg

箱根新道はご覧の雪 路面は運よく びちゃびちゃ水。 ラッキーなり。
海岸沿いを平塚経由 厚木を越えて北上 16号線をぐるっと右周りで筑西に。

えっちらおっちらの運転。 現地着も 「おーいどの道来たの? 雪あったー」 の話題。



さー初日土曜日に   出店者用の駐車場は車はちらほら 8時には満車です。

DSCF6738-20.jpg



朝日がよかー ですたい。

DSCF6746-20.jpg

日中晴れなれど 夜間は雨が 地面はびしょぬれでした。 そして翌日も ガガーンと

DSCF6743-20.jpg

むこうには筑波山。 尖がりの頂上が見えてます。

ガガーンは翌日の夜。 ヒョウが車直撃  屋根に鈍い音 コツン が ガガーン ダダダー
そして 雷が来襲 土砂降りの雨も。   筑西の気候なんでしょうね
富士市では ヒョウなんぞとんとご無沙汰しております  やー 怖かったです。



さー会場は  ほんと大きな 運動公園の一角の芝生広場

DSCF6742-20.jpg

遥か向うに体育館 その右手が会場  駐車場からテクテク歩きです
忘れ物のチェックは万全  忘れても思い出さないように。
又この距離を歩くのは ヤダー 。



会場は 広場をぐるっと 一周する配置。  我がブースもチラッっと。

DSCF6747-40.jpg

そんでもってこんな感じ

DSCF6748-20.jpg

DSCF6749-40.jpg

DSCF6750-20.jpg

来場者が少ないって   とんでも八分 十八分  初日は 一時間前に広い駐車場は満車でした。
写真は二日目の 開始前でございます。

二日間見に来てくださって ありがとうございました。




日曜に終了ご帰路に。  今夜は初めて通る 秩父道を行きますぞ。
例の雁坂トンネル 普通車700円のトンネル。 国道140号

出発して50号線は みなさん高速道路的走り方  おーはえーぞ。
なれど秩父近く 熊谷とかは のんびり運転。

今日はお疲れ 途中の道の駅で寝ましょうと。
着いたのが 雁坂トンネル手前の大滝温泉。

DSCF6752-20.jpg

これ駐車場  車中泊は僅か2台のみ  何となく 寂しいですぞ。
山中、猪 なんか出ないかしらと。 温泉も有るんですが 朝は閉まっているのは当然の事。

脇の渓谷ですぞ。

DSCF6753-20.jpg

車停めから見下ろしてます。 景色と雰囲気は よかです。




さー第二の目的  三峰神社に参拝。ここから
脇の山中に約15キロ 登りに上り 山の天辺。

DSCF6754-20.jpg

稜線位の高度に駐車場です。 早朝の7時 チラットしか車無し。
三峰神社は 毎月1日に お守りもらう人の列 で有名。
途中の道路看板が面白い  「この先渋滞です。 オシッコはしておきましょうね」的な言葉。


本殿 朝の御勤めに出合う事ができました。ラッキー 。

DSCF6768-20.jpg


DSCF6770-20.jpg

極彩色の神社です。 ご利益が二倍も貰えそうです。
早朝なので 社務所の中で お守りをいただけました。



さて最後の雁坂トンネル  全長が6キロも有るんですってよ 山梨と埼玉を繋ぐ重要な道。
でもですね  トンネル走りながらも 腹が立ってきました。

これだけ長いのに対向車が僅か4台だけ。 ほとんど利用しないんでしょうね。
無料にすれば 山梨と秩父地域がもっと発展するのに  バカヤロー です。

有料の利益なんて高々知れてます。 地域が栄えれば 税金でペイできるでしょうに。
アホな知事ですな アホな役人達ですな  そもそもトンネル掘る金は税金でしょうに。

料金所では 脇に立派なビルなんぞオッタテましてね 回収できない 余分な金を使ってる
タダの道路にしなさい。   はした金の有料化 で  地域の発展を遅らせる 愚策です。


 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村








スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

じざいぼさつ

Author:じざいぼさつ
性別:男性
趣味:らんちゅう
職業:とんぼ屋になりたい
毎日とんぼ玉に遊ばれています。

リンク

あなたの地域の週間天気