やりかけがあった

昨日は紐通し部分の作業と思ってみたものの やりかけ中の作業があったのをおもいだしまして
こちらを 先行処理。  けっこう面倒。 繊細な我が指先が疲弊。 切り粉で部屋は黒くなる。両手も真っ黒に。

黒檀のかんざし用軸を切り出し作業。

DSCF6333-45.jpg

以前 マグロ の材を板に切っておりました。 こいつを かんざし形に切り出す作業が一苦労。
この材 木目や割れ ムロ後 白木部分 など一癖ある板材。

均質ならば 板面に紙を糊付けしておいて形取り線を引けるのですが なんせ一癖ありますから
紙貼できないので 直接黒檀にライン引き。

けど 真っ黒のいわゆる マグロ材。 ラインが見にくいのに苦戦。糸鋸盤で切りますが材を押さえればラインが消えてしまいます。その都度型を合わせてライン引き。 照明を当てて 斜め方向から切断線を確認の繰り返し。  型は こんな代物です。

DSCF6339-56.jpg

そしてようやくざっくり切りが完了。 40本弱。 折った鋸刃も6~7本か。
中には細長い素材から 一本だけしか取れなかった物も。  仕方ありません。

DSCF6338-89.jpg

鋸刃の消耗が半端ない。 縞黒檀よりもマグロは硬い。一本切るたびにため息が思わず出てしまう。
すぐに 刃がが切れなくなります、煙も出始めます、 刃が折れます。 糸鋸盤も板が跳ねる度に金属的音がカンカンと鳴りましてうるさい事。真っすぐ押しても直線に切れません。板が硬すぎです。

DSCF6340-56.jpg

ひどいのはこんな具合に切れます。 これ腕が未熟だけではございません。悪銭苦闘の証拠です。
鋸刃は一級品も併用。

DSCF6342-55.jpg

梶原糸鋸刃製作所の一級品です。ですが折れは同じ。最初はスイスイ切れます。でも折れちゃいます。
高級品は普通の板で使います。もったいないからね。 

黒檀専用に安いが丈夫な刃を買わないとたまりません。 刃先はすぐに摩耗して切れ味は落ちますがかまわないのです
荒形取りですから 刃が折れなければいいのです。 ガリガリと無理矢理です。


かんざし用の玉もこれから作成しないと在庫はゼロ。この間 色々なお客さんと談義に花が咲き、 お望みのかんざしの雰囲気は掴んでいるつもり あとはイメージを具体化するだけ。     しばらく楽しい時間を過ごせそうです。

 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
プロフィール

じざいぼさつ

Author:じざいぼさつ
性別:男性
趣味:らんちゅう
職業:とんぼ屋になりたい
毎日とんぼ玉に遊ばれています。

リンク
あなたの地域の週間天気
下のあなたの地域をクリックしてね