試作的作品?

作品に変化をと思いつつ バーナー点火。


DSCF5835-444.jpg

とんぼ玉の下地模様 に変化をつけたい。 試行錯誤しかございません。
とにかく試してみないことには。 手を動かせば 何かが変わるのではと。

ネジネジで下玉を巻いてみました。 白ガラスを少し混ぜ込むのが通常のところを
乳白色ガラスを入れてみました。 結論、良くなし。  結果は予想出来ていましたが 

とにかくやってみましょう・・・・ で開始 。

乳白は 透明色ガラスの 色相の良さを消してしまいます。
モワー っとした色にしてしまいます。  単色の下玉でしたら この効果は良しですが
今回のような混色的な使い方は 逆効果になります。

捉え方を変えて考えれば
モワーとした下地にわざと仕上げておいて その上に作り込む
花とか花ビラとかのデザイン色を鮮やかなきつい色にしてしまう

すなわち 真逆の効果を狙う方式も有りかな。
この場合は下時の色は黒系統の暗い色の方が 効果的なのかなと思います。

独学ですから 聞く方もいません。 自分で考えて作ってみるしかないのであります。
ガラスの師匠でもいれば 経験に基づく アドバイスをもらえるのですが

其の辺が 独学の苦しいところなんでしょうか。
ブログを見てくれる 独学の 同志さん この気持ち解ってくれるでしょう。

同志を心の糧として もう少し頑張ってみます。

 クリックお願いします。ブログ村の新作とんぼ玉や製作ブログなど色々見れます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村



    
スポンサーサイト

朝からバーナー掃除

本日 早朝から バーナーの清掃作業。
すでに数ヶ月清掃もせずに使用。  数ヶ月はちょっとばかし オーバーかな。

DSCF5833-753.jpg

見た所では 綺麗じゃな~い。   火口をご覧あれ。 大分汚れてます。

DSCF5834-654.jpg

黒のボツボツに見えるのが 炭化した灯油の燃えかすでして こびり着いてしまって
これが だんだんと 盛上がりつつあります。 

中央の穴から ブロアーの空気が吹き出てくるのでして 穴のサイズも狭くなっているので
丸ヤスリを使って 滑らかなカーブの吹き出し口に処理していきます。

ここのところ とんぼ玉の表面の艶が よろしいので 状態が変化しないように 願いつつ作業開始です。

 クリックお願いします。ブログ村の新作とんぼ玉や製作ブログなど色々見れます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村



修善寺など

伊豆の修善寺手づくり市 に出かけてきました。
私めは お寺の境内ではなくて とっこ公園に出店。

お寺から 独鈷の湯 を挟んだ 川の向こう側にある こじんまりした公園です。

DSCF5825-6542.jpg

私の場所はこのさらに右手の公衆便所前の 2M×2M スペース。

DSCF5829-6985.jpg

手づくり市さんも ここのところ出店希望が増えたようで もらえるスペースが徐々に減少。今回も2Mスペース。
公園が小さめですから 2M 位がちょうど良い感じでした。
 
DSCF5823-65.jpg

公園中央の芝生スペースが舞台となりまして 賑やかな一日の始まりです。
昔 若かった女性陣の 出演準備。支障無い程度に撮影してしまいました。

ggg_20160425110839472.jpg

バンド演奏や フラダンス と盛りだくさん。 初日は暑い一日。翌日は 打って変わって 寒空曇りの一日。
二日目に 公園下の 風呂にとの算段も 寒風で断念。 入湯料350円を握りしめていたのですが 湯冷めしてしまう恐れ大。



時は前後。 山梨に ちょとした用事が出来たついでに、 サントリーウィスキー工場の見学と
山梨の偉人 ノーベル賞の大村智氏の美術館に お出かけとなりました。

DSCF5811-54.jpg

山梨県韮崎市にある日帰り温泉と美術館が日本中から注目を集めている とかで
受賞時の人出は大変だったようです。 そんな心配をしながら でした。 

小さな 個人収集の美術館。 色々見させてもらいましたが 女性作家の作品がお好きのようです。
才覚の無い 当方は 眺めても 良さが全く感じられず。 頭の大きさに対して手の大きさがおかしいとか
こちらからみたんだから この花瓶の向きは不自然だとか そんなんばっかり気になるだけでした。

DSCF5812-25.jpg

入口には 銅像と 受賞歴 などの紹介が 。 すんごい おかたですねー 大村さんは。

ただ一つ 才の無い私も 美術館の二階の喫茶室の窓越しの見事さには感服でした。
山を眺めつつ 一杯の ココア。  (コーヒーではなかったなー)

DSCF5813-12.jpg

そうそう ここでも。  併設のお風呂が有ったのに この日は 暑すぎで スルー してましたっけ。

 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村





竹田の里 から昨日帰着

竹田の里しだれ桜クラフトフェアに出かけて 昨日、日曜日に帰着しました。
福井県坂井市丸岡町 が竹田の里。 自宅より 四百数十キロ。トコトコのお出かけとなりました。

クラフトは土曜日、日曜日の二日間の開催でしたから 暇人の当方は前日の金曜日に到着。

DSCF5804-564.jpg

指定の小学校駐車場に到着。後ろの木々は桜ですが すでに花はゼロ状態でした。
枝にわずか一輪、わびしく咲いている状態でした。   あらららー 桜さん終わっちゃったのね。
まだ会場はこの先、肩を落としつつ 出かけてみることに。

DSCF5809-55.jpg

アレー~  しだれ桜はまだ満開。 最盛期は数日前かな  でも綺麗に。
しだれ桜は山桜よりも早く散るのが 私に埋め込まれた常識。
ここのは遅いんだ。   その日の夜桜見物が まー綺麗綺麗。 (最近はこーいうのも、可愛い~ って言うんでしょうか)

DSCF5802-965.jpg

地元テレビも入っていましたので 来場者も多かったですね。
初日の土曜日は 無事に完了。  いろんな方々に見て頂いて 大満足。
売上に結びつかないのが ? なのですが 明日が有るさ ルンルン ッてなもんで片付け。


ところが 車に戻ってラジオをつけると 明日は暴雨風的強風と雨と伝えているではないか。
明日は シトシト雨程度の認識たった私  アリャー  夕食を兼ねて思案する事約二時間。 

風が フワフワ ザザザ っとやな予感、 ソレー ってんで会場に戻って
車にテントや道具類を積み込みです。 風が段々強くなる中、回りの出店の方々は賑やかに酒盛り状況。

結局狭い車に荷物の隙間で一夜を明かす。 車は風に揺れる事、 爆睡。

果たして会場はどうなっているのやらと見に行きましたら 案の定 
ざっと見て 六張りのテントが倒壊。  高級テントもグニャリ  強風と雨の中の朝風景。

昨日の出店者さんの数はと見ると 三分の一位。  夜の内に撤収した模様。

残念即決 帰ろう。 時刻は日曜の朝5時30分。  帰路のラジオでは
福井に 暴風警報が出ていたようでした。   本日二日目なれど 朝から雨と強風
  帰路も一日中 土砂降り とハンドルを取られそうな風。  

  ハンドル握りしめて 数時間 やー腕の筋肉が痛い。

 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村




本日は二回目の書き込み

お出かけから戻りまして 本日は2件目の書き込みです。

越前に出発直前に黒檀の板をゲット致しました。 ようやっと入手できました。

重さは8キロほど。黒檀の板としてはなかなか入手困難。 
寸法は 厚さが45mm 縦49センチ 横 30センチ

003-22_20160411103938660.jpg

002-21.jpg

お値段は 驚きの2600円での入手。 ヤフオク。 入札してみるもんだなあ~ 。

細かい割れやキズだらけ でもそんなの関係ねー  
こちとらかんざしの軸が欲しいのよ。   

キズだらけだったから ヤフオクの競合さんもやめたんでしょうね。
キズなかったら 万単位の板ですよ。  書き込みならら ニヤケ てます。

厚さがあるし、 黒色も充分 場所的には 縞模様も美しい所も
イヤー トンボ玉を早く作りたい気分充満です。

やる気モリモリ感を忘れずに 早々作業開始です。

 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村



越前に二日間

越前陶芸村のさくらまつりでクラフトフェア出店してきました。 4月9、10日の開催。
お買い上げ頂き有難うございました。

天気もよくて 越前の風を満喫出来て ランラン気分で過ごさせていただきました。
三割位がクラフト目的、七割は越前の地を散策目的。 充分堪能させて頂きました。

おかげさまで とんぼ玉のデザイン構想も膨らませる事が出来、充実の二日間。
ほとんど観光気分でのお出かけでした。


呼鳥門 、海岸にせり出した岩肌がトンネルになっています。
道路工事で発見とか案内板に書かれていましたが (本当かいな ・・  地元の漁師は海から見えてたはず)

DSCF5786-66.jpg
DSCF5787-96.jpg

石碑位置が車道で門の中を通過していたようです。 落石で現在は廃止。
山側にトンネル車道となっています。


今回はとんぼ玉が売れそうもない予想を立てまして  で車中泊。
陶芸村に近い 道の駅越前を宿にすることに。 海岸沿いの道の駅でした。

道の駅に迫る山の上からパチリ。 写真の左下あたりが道の駅。
岬の先端あたりが 呼鳥門 です。 ロケーションは 申し分なし。 海大好き人間。

DSCF5795-52.jpg

越前は初めてでした。海岸線が 墨絵のような風景に圧倒。
海岸線は山の岩が迫り 波が砕ける荒々しい岩とマッチング。

越前海岸は東尋坊と並び有名どころ、個人的には 東尋坊は俗化されてしまっているし
海岸自体も 感動はね~ てな印象。 越前最高。

越前海岸はおススめです。 但し 車を降りて歩きましょう。 車窓通過では良さは見つかりません。
海岸線の国道にひしめくように並ぶ民家、漁業の町、民家に迫る崖の風情
厳しい自然に立ち向かう 漁師町の風景がすばらしい。 体感で樂しまれると 最高ですよ。

越前蟹で知られていますが 時期を外したせいか 観光地的要素が無くて 逆にそれが素敵。


道の駅からの夕日をパチリ。 

家族に夕日の写真を送りましょうと操作。 アララ  何を押したか携帯の画面が白っぽく?
戻そうにも 全く解りません。 ほんとに アラララのラララ でございますわ。

DSCF5790-65.jpg


翌朝は 陶芸村の近くの神社に参拝。

DSCF5798-78.jpg
DSCF5799-56.jpg
DSCF5797-52.jpg

知りませんでした。織田家発祥地が越前とは。   尾張の織田と思っておりました。
立派な神社でした。 朝の神社、 大杉の木立の中の深呼吸。

家族の安泰と 今日はとんぼ玉が売れますようにとお参りいたしました。
結果は アキマヘン的。  考えると 信長さんは 本能寺での一件。
結果良くなしは  織田家が・・・・  などと独り納得のお出かけでした。   おそまつ。

 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村



昨日とチョコット変えてみて

少しイメージを変えてみて と こんなとんぼ玉です。

011-22.jpg

埋め込む 桜のパーツをメインに。
下地の面を凹凸残した上に エイヤー ってパーツを置いたので

少々花が歪んでしまいましたが 賑やかな 風情 は出たかな。
金色の雲母を下地に入れ込んだので いい感じに誤魔化せましたかな?

本当はもっとシックな大人らしい 例えば デザインとなる模様は一箇所だけ
みたいな 落ち着いた感じの作品に没頭したいところですが 
バラエティー豊かなな陳列も必要なので 仕方なしです。

 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村



花玉を二種類。で発見

昨日は花玉を造りました。

015-65-52.jpg

右の玉に中心が赤い花、 桜の花パーツを埋め込みました。
こいつの埋め込みの方法を簡単にホームページに紹介しておきます。

とんぼ玉工房 眞
    技法 61. ・・・・一番最後のところに追記いたしました。  初心者さん見に行ってください。


ホームページで画像切り抜き作業などしていたらば 自分としては驚きの発見
写真撮影のとんぼ玉が全く違う とんぼ玉に見えてしまいました。

こんなふうに。

009-985.jpg


ggg.jpg

上写真は今朝の雨模様天気ながら 玉を撮影したままの作品。

下の画像は上の写真をホームページ作成ソフト「 ホームページビルダー 」 で(ワンタッチ補正)をした結果です。

全く別物。  イヤー驚き。 ネット販売するのには こんな手法しているのだろうか?? 
だってよく見ますよ、 こんな写真のネット販売商品のとんぼ玉。
下の写真の品物ならば 私だって買いたい気分にしてくれますね。 

実写撮影で下の画像のような一枚を撮影しようとしたらば プロのカメラマンでないと出来ないでしょうね。
写真が下手な私としては ただただ驚きの結果でした。  

逆に こんな写真でネット販売している人は 要注意なのかも とも思ってしまいました。
これからネット販売に出品しようと思っている 私といたしましては 何とも複雑な心境。

写真の撮り方をもっと知らないとだめなんだろうか?  なんて悩んでしまいました。

 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村



浜松に

えんの市にお出かけでした。  場所は浜名湖。 雄踏町にて。

DSCF5781-653.jpg

こんな 感じで のんびりムード。 所要で 一日のみの出店となりました。


さて 浜松航空基地。 広報館エアーパーク に零戦を見に。

DSCF5770-653.jpg
DSCF5774-548.jpg
DSCF5773-653.jpg

今回の目的が広報館の零戦です。 実物は初めて。 死ぬ前に一度はみておきたい一機です。
残念なのが 手の届かない空間に。  もう少し近くで見たかった。 (展示を工夫してちチョーよ)

戦後しか知らない者です コックピットだって見たいのよ。 傑作の飛行機。 
作った人達の苦労も感じたい。 鋲の一つ一つを見たいのですよ。

三菱名古屋工場製造(昭和19年3月)。  式艦上戦闘機『五十二型』43-188号機
見事な容姿に感激いたしました。  70年前の飛行機。
流れるような機体でした 細部まで空気抵抗を減ずる 構造。  しばし立ち尽くしでした。

真下から見上げると 思っていたよりも 大きな翼面積。 これが急旋回出来た理由かー・・と納得。

USA製のジェット戦闘機が並んでいますが 零戦と比すると なんとぶざまなスタイルなんだ。
空気抵抗なんかお構いなし 力で無理やり音速だー・・・  そんな感じ。  感動無かったでございます。

春休みなので 平日なのに 賑やかでした。  
制服を着れるコーナーが有りまして  子連れのお父さん 自分が着用したいようすで 子供はダシ がありあり。
私も時間が有ったら 真似したかったでございます。


 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

えんの市に出発

昨日までの作品紹介。  久しぶりのブログ更新でした。  本人はここのところ珍しく充実していましたが
気付いて、ブログ更新していないことに気付くありさまでした。

002-55_201604010639551b8.jpg

帯飾りを作ってみました。 離型剤付いたパイプがそのまんま放置していたので やっつけてみました。
花パーツのクリアーの境目が見えてしまいました。

天気がどうもー~・・・・。  このブログ書き終えたらば 「 えんの市 」 に出発です。

今日は、テントを現地置きしたらば 釣りでもやろうか と予定。
えんの市は明日の土曜日と日曜日の開催。  人出は期待なし。浜名湖の空気を満喫と釣りがメインでした。

アサリの潮干狩りも時期でしたね。 あいにく 干潮が 小潮 みたいです。 水が引いてくれないでしょう。
潮干狩りは五月ごろと思っていませんか。  今頃行かないと アサリ が無くなりますよ。 
もっとも 近年は 採れる場所が無くなってきていますね。   

こんな事を書き綴っていたら 無性に 潮干狩り をやりたくなったなー   。



 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村


最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
プロフィール

じざいぼさつ

Author:じざいぼさつ
性別:男性
趣味:らんちゅう
職業:とんぼ屋になりたい
毎日とんぼ玉に遊ばれています。

リンク
あなたの地域の週間天気
下のあなたの地域をクリックしてね