撮影ボックスその後

前回紹介した撮影用のボックスのその後です。
手みじかに、持ち合わせの機材で完成。

照明は、屋外の夜間人物感知用の代物で、以前らんちゅう池に使っていたものです。
光源は明るすぎる位の物です。二灯を一灯にしました。 光源が集中光になる傾向の物です。

スタンドは角材を使いシャコマンで固定。  作業場はグチャグチャ。少し片付ければと言われそう。

014-11.jpg

目視テストではプラダン素材のみのボックスですと、光源がとんぼ玉に強く反射してしまいよろしくない。
そんでもって 内側にケント紙を吊る下げてみました。 光源反射は弱くなりましたが
其のぶん 明るさが犠牲になって 少々暗めです。

予想はしておりましたが  光源の反射がとんぼ玉表面に映り込む現象は収まりませんでした。
光源を 反射光にするか又は 蛍光灯のように分散光タイプの 照明器具がベストのようです。

013-11_201505260945272ab.jpg

カメラはニコンのD5300。一眼レフカメラです。
晴れの午前9時の撮影、室内は直射光の入らない状態で北から撮影。
撮影スタンドにカメラを固定して OUTO撮影してみました。カメラまかせです。 少々ピンボケ
暗い映りでいけません。

001-11_201505260946015a0.jpg

次に シャッタースピード 1/2.5  絞り F9  撮影感度を ISO 100  にて撮影。
ISO感度を上げれば シャッター速度はもっと早くできますが とりあえずでございます。

だいぶ良くなりました。 これに間接照明をチョコっっと当てて 輪郭強調してやれば良さそうです。

008-66.jpg

ちなみに 二灯照明を使って OUTO 撮影してみました。
黄色っぽい 赤っぽいような光で写っています。なにより よろしくないのが左右の上面に映る光源です。
こいつは マニュアル撮影で シャッター速度や絞りを変えても良くはならないでしょう。

011-11.jpg

立て向きのとんぼ玉ならば 映り込みが和らいでいますが、基本は横置きですから。
照明装置を替えなければ これ以上は無理だなー  の感想です。
ライト位置を思い切って下げて撮影する手も有るのかなー?  

ライトの前にメッシュの布を置いてみましたが 映り込みは解消しませんでした。
ガラス以外の品物であれば何の問題も起きないのでしょうが やはりガラス製品は別物ですからね。

「市販品の撮影ボックスでとんぼ玉が綺麗に撮影できるのかなー 」 いろいろやってみて
市販品を買わなくて正解かな?。 当初迷ったんですが。

色々やってみた結果では ?マーク 市販品を購入検討されている方々 
ご購入の祭は メーカー にしっかりとご確認をした方がよろしいようです。

私めはこのボックスを使って 自然光で (おひさまで) マニュアル撮影を色々工夫しようかな。
画像処理ソフトで見栄えアップができるのでしょうが やりたく有りません。
古い人間なのか なるべく自然な状態でお見せしたいですもんね。

 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

色々な最近は?

先ずは 最近のとんぼ玉写真です。 つぼみなどを配置したりして。 
撮影日は曇り。 自然光でパチリ。 とんぼ玉の良さが表現できていない。 最近の痛感するところ。

008-22.jpg

撮影ボックスが欲しいところですが、市販品は イマイチ 良さが判りません。要するに情報不足。
撮影する相手がガラス物ですからね。 

バックやら置物などのネットショップ用の写真であれば迷うこともないんでしょうが。
市販品の撮影ボックスを購入したとしても 照明やらで工夫しないと綺麗に撮影できんな・・・ てなわけでして。

どうせ色々工夫しないととなると 一発 自作も有るな よしカインズホームに直行。ついでに色々と。

014-66.jpg

そんでもって作った撮影ボックスです。仮で作って試行錯誤がこれから。
プラダンのナチュナル色・・・3×6サイズ厚さは2.5mm でわずか190円。これで板をテープ止め。形状を台形に。
薄手のため強度弱い。厚手品は少々お値段高くなるのでこれに決定。
先ずはテストです。よければ厚手品で再制作する予定でおります。

手前がケント紙A2サイズ10枚入りが190円。ボックス完成して照明してみたところ電灯がとんぼ玉にぼんやり写りこんだので照明灯の間に。光源の分散用。 こいつはこれからテストです。

それからガスレンジの下敷き用のアルミ板100円。 専門用語でレフ板とか言う 光の反射用の板。
ダンボール板にでも貼り付けてとりあえず撮影してみないと判りません これもこれからテストに使うつもり。

曇りの日にとんぼ玉をボックスのなかに置いて眺めた感じでは良好。
晴れの自然光でもそこそこ撮影できそうな ソフトな光でした。さてどうなりますか。

話は180度
こんな事をしながら昼食前。 さて今日の午前中は何をしたんだっけ? あれとあれだけしかしてないのか。

ツラツラと 思いを巡らせて、 「歳をとると なんで一日、一年が速いなー ってかんじるのでしょうかねー」
「若いころは一年がもっと長かったように感じてしまうなー」 ってな事を考えているのでした。

そんでもってその結論がわたしなりにまとまったのでした。

歳をとると 過去の事ばかり考えているから、一年間が短くかんじるんですな。
さらには過去の事案はほとんど忘れてしまう。正月と夏の暑さと年の瀬の風情と それだけなのですな。

思い返せば 若い頃、小学生ころ 中学生ころなどは 過ぎ去った事など全く考えていませんでしたな。
明日は誰と遊ぼう、午後は何して遊ぼうかな 要するに未来志向的ですな。

こんなでしたな 学校で日記を書く授業、思い出してみれば鉛筆が停止状態で時が過ぎ去っていきましたっけ
「昨日は何したっけなー 思い出すのに一苦労」 そんなだったなー。

そーか 未来志向で行かないと 一年が短くなってしまうんだな。 
などと 勝手に納得してしまうのでした。   ジャンジャン。

 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村




凸面凹面のガラスの動き

凸面凹面のガラスの動きはと題しまして
ホームページの技法 に書き込みをいたしました。
ご覧くださいませ

とんぼ玉工房 眞
    技法・・・58. 凸面凹面のガラスの動きは?


技法も書き続けまして 既に 58項目 の書き込みです。
いい加減な内容も有るのですが 少しは 初心者 の方々の
参考になっているのではないかと自己満足しております

今回分は玉の表面のガラスの動きはどんな感じで動いておちつくのだろうか
そんな観点でまとめてみました。

 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村



久しぶりの書き込み。

先月末以来の書き込みです。書き込み方法を忘れてしまう位のひさしぶり。

修善寺温泉の後に直ぐに小淵沢に。 山梨県は小淵沢道の駅。ゴールデンウイークの四日間ほど
行ってきました。

DSCF5428-11.jpg

体験工房を挟んで東と西に 各15~6軒の出店のこじんまりしたクラフト展でした。
(ちなみに関係者の皆様利益期待せずに?)

私は、今回は東側に出店。昨年は西でした。西側に行ってお話談義をすれば
例によって「東側はお客さんは? 売上は?」 「ぜんぜんよ~」 お決まりのご挨拶言葉。

都会のオアシス的な小淵沢です。脇にはこんな白樺が何気なく育っています。
DSCF5432-11.jpg

山の空気は 良かーー 田んぼばかりの我が家とは空気も違います。
しっかりと読書三昧できました。 おかげで 講釈爺いになりそうです。
座りっぱなしでお尻が痛い。

以前紹介した看板スタンドもこんな感じで立てかけてみました。 なななかのデザイン。今更ながら既製品を買わなくて
良かったわい と一人ご満悦で ヒトコマ カシャリ なのでした。
こいつは 分解出来る仕様で作ったので収納は小さくなり 至極便利なのでした。

DSCF5430-11.jpg


帰宅して二日後には、新潟の長岡に出発。約360キロほど走ります。もちろん国道を。
世の中 便利になったもので Google で地図検索 通り の道順で無事到着。
ちなみに カーナビ なる新兵器は持ち合わせておりません。 もっぱら下調べで国道番号を書き写しておき
出発なのです。少々不安的な要素が加わって、しっかりと前方注意、標識を見損なわないように。
結局は安全運転になっているんじゃないかな。  ひとり ガッテン 。

開催 前日到着で 車横付け 荷物おろし 日差しが暑いこと。 たまらんわ で Tシャツを買いに。

開催初日 出店準備完了 空から ポツポツと雨 あちらこちらから雨よけビニールを取り出す音 
日中はしっかりとテントから流れ落ちるものが  あちらこちらから 「こんな天気予報でしたっけ」 
閉店まもなくすると 青空もみえたりして。おかげさまで 前日購入したTシャツは防寒下着に早変わりです。

二日目は天気も持ち直しましたが 少々強く吹く風。出店数はおよそ150店 各地からの作り手さんです。

二枚の写真は同時刻に撮影した通りの違い。
DSCF5435-00.jpg

DSCF5437-33.jpg

三列ほどの通りを構成する配置で 場所でこんなにひとの数が違うのです。
配置図を見ても良く工夫してあるな、そんな印象なのですが 人の流れの心理は深いです。
私の裏側の通りは人の波。悲しいかな私めは人が少なめの通り。

しかも隣は 以前嫌な思いをさせられた事のある陶器や 他でも評判の悪い人。
150店も有る中でどうしてこんなやつの隣なの そうなんです「私は悪い方に関しては ツキを持っている人間なのです」
人生60年 悪い方に関しては 思い当たる節が幾つもあるのでした。

出店も終わり帰路に、

 途中は志賀高原を通り草津温泉に 志賀高原はまだ残雪が アルプスの頂きは青空に雪 見事な景観に涙。

草津では 無料の共同浴場「白旗の湯」に 途中のとんぼ玉のお店を覗き 有名どころの作品を鑑賞。
眺めても以前よりも 感動が薄いのに気づく。 自分を分析 「ケースのライトで綺麗に見えているんじゃないか」
「良く作っていますなー」  ッテナ 馬鹿らしい 感想やらを ブツブツ 漏らす 自分でした。

さて前半はこれにて終了となります。 後半は? ッテカ はい、後半は全く予定が御座いません。
もうすぐ暑い夏がヤダナー 。

そうそうホームページの技法の追加分もこれから完成させますので。 そのせつはごらんください。



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
フリーエリア
プロフィール

じざいぼさつ

Author:じざいぼさつ
性別:男性
趣味:らんちゅう
職業:とんぼ屋になりたい
毎日とんぼ玉に遊ばれています。

リンク
あなたの地域の週間天気
下のあなたの地域をクリックしてね