製作に没頭

冬の寒さもこれから。

私め製作に没頭中につき、ブログの更新は途絶えぎみとなります。
いつもご覧頂いてありがとうございます。

スポンサーサイト

修善寺にて

修善寺にて。
しゅうぜんじ境内の紅葉。連休で賑やかです。御寺前は車の列が連なっていました。

DSCF5384-1.jpg

もみじが色付いて。
年に一度庭園開放。200円を払い入場。本堂右手の低い木戸が入口。

DSCF5395-6.jpg

さぞや見事と期待して入場。
大正天皇から東海一の庭園のお褒めの言葉を頂いたそうな。

DSCF5394-1.jpg

大正時代は見事な庭園だったのでしょうが、現在は?マークかなの感。
庭園中ほどに鉄塗装の粗末な手すり橋、台無しの風景、


DSCF5391-1.jpg

プロの造園家の仕事なのでしょうかね、スパッと水平切り、庭園中央部に大木を含め三本ほど。
普通こんな切り方はしないはず。名園は過去のお話か?
お金をかけなければ維持できないのが悩みの種なのでしょうね。

そういえば、以前の聞いた話。
金沢の兼六園も台無しのようす。管理を入札で行うので、毎年、造園者を決めるそうな。
10年20年と枝ぶりを仕上げるのが本来の名園たる樹木たち。
芸術感覚の無い造園家では当然でしょうね。
私も現地でガッカリした記憶があります。「この松台無しじゃないか----」



結論
地元の富士市原田、永明寺の庭園とどっこい位のレベルでした。

DSCF5397-1.jpg

とっこの湯上流の紅葉は美しかったので帳消しですかね。


 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村


電気炉改造

電気炉の改造です。
日陶科学株式会社のイエローMINIです。

鉄芯巻き付け状態で炉で徐冷する対策をしました。

008-1.jpg

扉の覗く窓を外してこんな感じになりました。
穴から出ているのが鉄芯です。炉中はガラスが浮いた状態で
炉面に接触していません。実際の徐冷作業はこれからです。

扉の内面です。

005-1.jpg

炉壁穴が大きいので隙間を耐火ひもを押し込みました。
多少は断熱できるでしょう。

さて使用材料はDIY店でみつけました。

001.jpg

製品名?建築でコンクリート壁のボルトを付ける部品のようです。
価格190円也。安かったです。明日からテスト徐冷してみます。

 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村





電気炉の温度測定

前回に引き続き、電気炉イエローMINIの温度を測定しました。

za.jpg

450度間の昇温、冷却の実測。

詳細はホームページを見に来てください

 とんぼ玉工房 眞
   技法----ページの後半に追加しましたので


 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村



電気炉で徐冷は?

電気炉で玉を徐冷するには?

ホームページにチョコット記録しています。
暇でしたら見に行ってください。

001-1_201411110848125be.jpg

キナリさんと佐竹さんの資料をまとめました。

ホームページ  とんぼ玉工房 眞
  技法---



 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村



来春まで冬眠

ふじのくにクラフトが終了、今年の予定は終了。
これから冬眠にはいります。

001-1_20141118092636908.jpg

歯間ブラシの大きさから見て、小玉作品。

これより約四ヶ月間ほど作品作りに没頭予定。
来年は新作をと意気込んでいます。

電気炉も使って、変わり玉のレパートリーも増える予定でいます。
捩じりはちまきで構想を練り始めましたがどうなることやら。
いつものの怠けぐせをこれより封じ込めのために「般若心経」を唱えます。

先ずは、電気炉の使い方、温度コントロールを解らないと。
そこから出発進行・・・・・。


 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村


ふじのくにアートクラフトフェア終了

地元開催、第二回ふじのくにアートクラフトフェアも無事終了。

天候にも恵まれ、主催の運営も素晴らしく感謝申し上げます。
富士中学校の美術部の皆さんのお手伝いに感謝、感謝です。

お買い上げ頂きましたお客様、有難う御座いました。

DSCF5372-1.jpg

土曜日の開始直後の一枚。
私のテントは相変わらずのレイアウトです。日陰でござい。

DSCF5369-1.jpg


他の出店テントは穏やかな日差しで暑い位とのこと、
私めの場所はあいにく大木の影でして一日中ダウンを羽織っての販売でした。

売れ行きはと申しますと、、土曜日に売れ、日曜日は手持ち無沙汰状態が
いつものパターンでして、これが逆転したケースは経験無いのですが
ここ富士では初めての逆転パターンでした。

富士市では、このような手づくりのクラフト展が皆無でしたので
お客さんがまだ下見状態の感覚の様子でした。

ですから今回は手づくりの良さをアピールするつもりの二日間でした。
次回には手づくりの良さを解って頂けることでしょう。

あいにく、日曜日はJAの農業祭が各地で行われていたので午前中の
人出が少なめでしたが後半はまずまずの人出でしたよ。


 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村


週末、富士クラフトです

今週末、土曜日、日曜日と富士クラフトです。

011-1-5.jpg

当日の出品も準備できました。
晴れてもらいたいところですがどうなりますか?

昨年は、一日だけの開催。今回は二日間となります。
昨年のような寒い曇り空でないことを祈っております。

富士のお客さんは、クラフト展なるものは経験無いので
先ずは、御紹介の雰囲気で二日間を過ごせればと考えています。

 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村




電気炉購入

電気炉購入しました。
日陶科学製、イエローMINI。34128円也。

001-1_201411110848125be.jpg

購入後の昨日、ネット見てたら29000円台で売ってまして
参ったね、モウチョット調べるべきでした。価格ネットの最安値で購入なんですが。

そういえば以前も価格ネットよりも安い品物があったのを思いだし残念。

小さな電気炉、温度設定出来るのでとんぼ玉サイズには十分。
予熱と徐冷専用の考えなので。

玉作成の最終段階の徐冷の前段階での加熱で
玉のイメージが変化してしまい、ガッカリすることも無くなる事でしょう。

これで作品の完成度もさらに良くなる事を祈るーーーナンテ

小生電気炉なるものは触った事なし、扱いもトント判りません。
購入数日経ちますが、まだ電源も入れていない状態。
なにしろ独学独歩でやってますもんで。

003-1_201411110848240d1.jpg

なにやら付属品がこのようなもの。何をどう使えばよいのやら?
ステンレスの台、金網、耐熱レンガの板みたいな物と石綿みたいな板?

ネットを見てみましたが、ガラスが溶けると「くっついちゃうよ」---アレーどうしよう状態
最初なんで、最高温度の溶けるまでテストデーターでもと思っていましたが。

炉の中の養生をどうすれば良いのか、御存知の方教えてくださいませ。


 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村



今年のびんずる市は終了

長野善光寺のびんずる市に出店
今年のびんずる市は8日で終了。来年は善光寺さんの御開帳の年。
御開帳での混雑を配慮して、来年のびんずる市は6月の第二土曜日からだそうです。

さて私はといいますと最終回に出店のため前日出発。約6時間の道のり。
途中道の駅「 雷電くるみの里」で仮眠がいつものこと。

朝の霜の降りた道を紅葉と朝もやを快適にドライブ。 (キモチイー)

DSCF5363-1.jpg

到着。出店場所のくじ引き。六地蔵に決定。ここは善光寺山門で最高の場所。
ようやく当選の感。

くじ引きはダンボール箱に番号の書かれたカラーボールが入っていて
そのカラーは場所ごとに決まっています。くじ引きと言っても穴から中が見えるのでした。

ピンクを引けば、最高の場所「六地蔵前」・・・集客数はトップ。
ブルーを引けば、最悪の場所「東庭園の奥D」・・・午後にはほとんど人来ません。

観察していると面白い。六地蔵前を引こうと何回も何回も握ったボールの色を見ているおばさん。
空を見上げて箱の中深く手を入れてかき回してから引くお姉さん。その人の生き様か?おもしろい。

主催者ももう少し考えてくじ引き箱を作ればいいものを。

かく言う私の番。穴を覗けば「六地蔵前」のカラーボールだらけ。ついてましたね。

六地蔵前はこんな所

DSCF5366-1.jpg

正面が山門。そこをくぐれば善光寺がドッカーン。出店は写真の参道両脇になります。

私の出店写真です。

DSCF5364-1.jpg

右手に山門が少し見えます。参道からちょこっと入った場所。
3Mのテントに程好く並べ終わってパシャリ。

当日は寒めの曇りそら、季節は11月。
待てど暮らせどお客さん来ません。参道上は人の波。

ボチボチ見てくれるお客さんもサッパリでした。
売上は、先月の六分の一、トホホでした。

こんなでしたから、御寺をじっくり観光、山は紅葉、
全くの観光客と成り果てました一日でした。

ただ一つの成果は
10時前に行われる賓頭廬尊者像(びんずるそんじゃぞう)の法要で
般若心経を間違えずに唱えられた事でしょうか。

今年残るは今週末(15、16日)の富士クラフトだけ。
これが追われば、来年春までひたすら、とんぼ玉作りに励むことになります。
冬ごもりです。



 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村



変わり玉

とりとめもない変わり玉でした。

003-1_201411060849179a7.jpg

思いつきの玉です。
一気に4個作成。出来上がりを見ると変な玉。

徐冷完了して洗浄してみないと結果が判らない。
洗浄後に眺めれば、イマイチ気に入りません。
イメージとしてはもっとよかったのですがね。

もうひとひねり考えてから再度挑戦です。

明日は、長野善光寺のびんずる市に出発。
それまでに値札付けしておかないと。

まだやることが色々、せわしない一日の朝です。


 クリックお願いします。ブログ村の新作とんぼ玉や製作ブログなど色々見れます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村


運搬

運搬車。

009-1_201411040829223be.jpg

最近は荷物も色々と増えまして、出店時には車と出店場所を数往復。

カインズで見つけました。安い運搬車。4980円なり。40kgまで。
コンテナ箱(農業用)ひと箱乗る大きさ。これなら軽自動車でも邪魔になりません。

週末の長野、善光寺のクラフトで試してみます。


 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村




黒檀

黒檀三種類。

008-11_20141103081653814.jpg


上から  縞黒檀 、カリマンタンエボニー 、カメルーンエボニー 。
厚さ7mmから9mmです。

カメルーンは8×70×500サイズで価格は3000円。黒檀材は高価なり。
価格の分仕上がりはピカイチになります。

これから、かんざしの軸に仕上げていく予定。
材が硬いので加工が手間取ります。途中でめげそう。
サーやりますか。

 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村


昨日も帯留め玉

昨日も帯留め玉に作成なり。

006-111-88.jpg

桜とバラパーツの余りが有ったのでこんな感じで仕上げ。

日を追うごとに、失敗分を含めてだんだんの上達ですか?
作業中にも次の玉のアイデアが沸くようになりつつです。

どうも手を動かさないと、机上ではトントアイデアが出ません構造の頭です。

上段の扁平玉はカンザシ用に作った玉。
軸のデザインを工夫して玉に合うカンザシを完成させますのでね。

軸材は一般的な黒檀を使っています。明日届く予定です。
三種類ほど使い分けで発注しました。ブログにアップしますので
明日か?明後日?

 クリックお願いします。ブログ村の新作とんぼ玉や製作ブログなど色々見れます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
プロフィール

じざいぼさつ

Author:じざいぼさつ
性別:男性
趣味:らんちゅう
職業:とんぼ屋になりたい
毎日とんぼ玉に遊ばれています。

リンク
あなたの地域の週間天気
下のあなたの地域をクリックしてね