帯留め

今日の帯留め。
表面を盛り上げて造作してみました。

DSCF5079_20140227173724586.jpg

地玉は緑透明ガラス+カレー粉。
カレー粉の配分もバッチリ。
表面にツヤも出て、濃い不透明緑に変身でした。
スポンサーサイト

オーイ サギ君

本日もお見えになりました。 サギ君です。

ポストの脇を車が通過、微動だにしません。

昨日も半日ほどいました。

狙い目はもちろん池のらんちゅう鑑賞。
当方、しっかりと網で囲っております。

食べたそうでも食べられないよ。
そろそろ諦めればよさそうな。

DSCF5092.jpg


 クリックお願いします。ブログ村の新作とんぼ玉や製作ブログなど色々見れます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村


相変わらずの帯留め

サギの飛来原因は?

このところ残飯(お米)を大量に庭にまいたからかも。

小鳥、中鳥がひきりなしに食べに来ています。
おそらくサギも一緒に食べようとお誘いを受けたのでしょう。

さて相変わらずの帯留めです。

DSCF5073-1.jpg

薄いグリーン系統の色ガラスを土台にしたらば
色相がとても綺麗。

帯留めは色ガラスの面積が広くなるので
薄めの色で基本色の中間になる色が良さそうですね。

基本色「青とか緑とか真っ赤」などは土台の色が映え過ぎで
模様が映えなくなるようです。

但しです、とんぼ玉の場合には色ガラスの占める面積が
小さくなりますから(クリアーを外に巻く関係で)
この関係は成り立ちません。逆に基本色の様なシッカリした色相
が良くなってきますね。

 クリックお願いします。ブログ村の新作とんぼ玉や製作ブログなど色々見れます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村


花玉

こたつからふと庭に目をやると
体高80センチほどのサギが。
わずか4メートル先。

脚長の鳥特有の抜き足差し足で
左から右に。

さすがにびっくり。恐竜の子孫。
目つき鋭く、間近で見れば異様な怖さ。

さて花玉です。
何個かオーソドックスに作ってみました。

DSCF5050-1.jpg

シンプルイスベストかな?

 ランキングに参加していますクリックしてくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村


帯留めコレクション

作成した帯留め。
ラインアップ、コレクションに。

DSCF5072-1.jpg

青系ですがそれぞれ若干の色違い。
満足しています。

数日後に見直すと、さらに良くするには?と
欲が出るでしょうね。

今日の段階では「いいんじゃない・・・」


 ランキングに参加していますクリックしてくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村


昨日の作品

富士市は、昨日今日と暖かな日中になり
春もそこまでとの感です。

昨日作成品。
これから穴の処理に入ります。

小玉はピアスに仕立てる品。

DSCF5075-1.jpg


 ランキングに参加していますクリックしてくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村


帯留め

同じような帯留めの連載。

DSCF5070-1.jpg

薄めの紫の方が綺麗かなと?思って
作ってみましたがいけませんでした。

ガラスの性質上でしょうね。濁った風の紫。

紫透明を使う時には、鮮やかな色は期待するな。

本日の教訓でした。


 ランキングに参加していますクリックしてくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村



花パーツのカット

花パーツのカット作成時のトラブル。

カットを真っ直ぐにしたのに斜めのカットになった。
あるいはカット面がザラザラ、デコボコ、ワレル。

canvas3-1-1.jpg

十回に一個位こんな花パーツ断面になってしまう。
どうしてなの。

スパッと平らにカット出来るには、その原因が有りました。
ホームページに原因と解決方法をアップしましたので見に」来てください。

  とんぼ玉工房 眞
     技法・・・47.データベースNO.5
               花パーツのカット時注意


ページの一番下です。

 ランキングに参加していますクリックしてくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村


帯留め

庭をほっくり返ししたところ
ミミズが大量に。

ここのところミミズを目当てに
野鳥が飛来。色とりどりに着飾って。

帯留めです。

DSCF5068-1.jpg

作りも重ねるとコツを思い出してきます。

右側外周の膨らみ。
細かい事は気にしません。

左右、前後対称。
こういう事案は無視。

身につけて不自然出なければ良いのです。

アンバランスの中のバランスを大切に。

 クリックお願いします。ブログ村の新作とんぼ玉や製作ブログなど色々見れます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村


帯留め

山梨は豪雪で大変。

富士山を挟んで南の富士市は
全く雪知らずでした。

山梨のように雪だったらとゾッとします。

DSCF5067-1.jpg

黄色が割れ入りました。残念。
四分紐仕様で、裏面縁のガラスを
薄くしてしまったのが原因。

製作中にそんな雰囲気を感じつつでした。

改めて感じた。細心の注意、配慮。
完成度を高めないとね。

 ランキングに参加していますクリックしてくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村


すんごい風

すんごい風で起こされました。
台風の風の様な、突然でした。

冬の木枯らしどころかオオガラシでありんす。

DSCF5064-1.jpg

帯留め作ってみました。

昨日のブログの気分でやっつけたら
以外に良さそうでした。

この気分忘れないうちにあと2~3個
作ろうです。

 ランキングに参加していますクリックしてくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村


生け花の本

生け花の本をよく借りてきます。
今回は中央図書館でこんな本。

DSCF5059.jpg

もちろん花のとんぼ玉のお勉強用です。

いつも感じる事
生け花はよく「自然の情景うんぬんかんぬん」

私、それは絶対に違うだろう、人工美の世界だ。
そんなふうに思うのです。

自然界には生け花のような美しい空間は有りません。
錯覚なんだと感じています。

ただ千利休の茶席の一輪挿しこれこそが自然界の美を
写し取ったもの。

生け花の良い悪いは素人でも判断できますよね。
これは良いね。良くないね。その感覚。

なぜだろうか?どうして判るの?
元々人間に備わった感覚なんだろうか?

日本に自然は少ない。里山と称する山も
人間の作り出した美しさ、いわば半自然美。

里山も手入れしないと荒れ放題になるとか。

してみれば生け花も半自然の美なんだろうか?

人が手を加えた美しさの探求が「生け花かな?」
花の構成や葉、枝の曲がり構成など細部を見れば人工的
でも全体を見ると自然美を感じる。

日本人の独特の感性、感覚なのでしょうね。
日本人はすばらしいな~。

とんぼ玉で花玉のデザインを考える時。

自然の美しさを表現しようとばかり考えていたように思う。
これからはやめよう。

半自然、人工的要素の詰まった中にこそ
花玉の美しいデザインが有る。

生け花の本を見るたびに、こんな事を
思い起こしてもらえるようだ。

 ランキングに参加していますクリックしてくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村




 


思いつくままに

思いつくままに。
とんぼ玉のデザインを。

DSCF5058-1.jpg

ネックレス用、ピアス用と色々。

花パーツが細工をしなかったので華やかさに欠けるかな?

ビーズ玉を極小に。
鉄芯から外れずに苦労してしまいました。

 ランキングに参加していますクリックしてくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村


春近しかな?

春がすぐそこまでやってきている。

池のらんちゅうが。

DSCF5055.jpg

冬場は池の底に。姿さえ見せない。
生きているやら?元気でいるのやら?

今日は陽もささず肌寒い。
池を見ると、らんちゅう君。

お前たち、春の気配で姿をみせてくれたのか?
元気か?

痩せてしまって、もう少しで暖かな春だよ

そんな会話をしてしまいました。


 ランキングに参加していますクリックしてくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村



クリアー被せ

昨日の玉。

DSCF5052-1.jpg

花と葉の整形までははバッチリなのですが
クリアーを被せるとどうもいけません。

そういえば、前ほど神経を使っていませんでした。
クリアー棒をとにかく加熱して、ダッと被せる
花の上だろうが葉先部だろうがお構いなしにね。

最近はダイナミックに、悪くは無神経にグイグイ被せています。

ちょっと上手になるとすぐこれです。
前はクリアーをチョコッとでも「ああかな?こうかな?」
色々思いが巡って作っていたんですけど。

二年前の玉の方が出来が良かったりして?

 ランキングに参加していますクリックしてくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村


今朝は又寒々

昨日日中は暖かく、山の雪も溶けて

今朝は又冬に戻りました。

花パーツをただひたすら作成でした。

DSCF5049.jpg

まだ種類が不足気味。
さらにパーツを細引きしようか
悩み中で、パチリ と。

室内に日が入らずに暗いイメージ。
こんな日は、とんぼ玉を作る気分になりません。

やはり明るい日差しが挿し込む場所で
ガラスの色を楽しみながらでないとネ。

 ランキングに参加していますクリックしてくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

花玉

今週は花玉を作るつもり。

DSCF5046-1.jpg

ちょっと大きいかな?・・
などと、一人思案しながらの
在庫の花パーツで玉をコサエテます。

昨日の雪は皆さんどんなあんばいでしたか。
バーナー使っていても足元は寒かったですが

富士市内は寒いながらも雨。
ほんとここは暖かい。年寄りには最高ですがね。

東名高速道路を境にして上の方は雪模様のようでした。
今日は家の中よりも、庭のほうが暖かいですわ。

ヨッコラショト、新しい花パーツを作らないと
では又明日。

 ランキングに参加していますクリックしてくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村


桜のイヤリング玉

今日は一段と寒い日になりそうですね。
もっとも富士市は暖かい地域。
北国のかた笑われそうですが。

昨日作成したとんぼ玉
桜パーツでイヤリングに。

DSCF5043-1.jpg

シャフトは1ミリです。
極小の玉です。
花は三個配置しています。

小玉を合わせて仕立てようとおもいます。

赤玉は女性に人気の色。
中には赤だけ御指定で探す御婦人もおられます。


 ランキングに参加していますクリックしてくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村


昨日のとんぼ玉

昨日作成したとんぼ玉。

DSCF5041-1.jpg

右の感じに仕立てます。

とんぼ玉を良く知らない方は
こんな小さな物をお望みです。

お客さんには「とんぼ玉はなるべく大きな物をお付けなさい」と
ご指導しています。

よくある話。「服の色が黄色だからうんぬんかんぬん・・・」
「服の色は全く関係ありませんよ」こんな解説をしてあげます。
「大きなとんぼ玉をお付けになればそこが中心の存在感を醸し出します」
「胸元にドカンと存在するので、服が黄色だろうが赤だろうが関係無くなるんです」

先日もそんな話に盛り上がり、
「良い話を聞けて良かったわ」とお帰りになりました。

女性の感覚としてですが
ダイヤのジュエリーをお付けになる感覚が
全てのネックレスの付け方の基本のように考えておられます。

私の意見ですが、ダイヤのあんな小さなものを付けて?
見えるか見えないか判らない様な存在感が無いダイヤのどこがいいの?

ちっとも綺麗じゃないよダイヤなんか。
ダイヤが小さすぎてしかたがないから金や銀の装飾で
存在感を出すための苦肉の策のよう・・・言ってみれば「ごまかしているようなものでしょ」


虫眼鏡で見なけりゃ輝きなんか解らないでしょうに。
1メートル離れればガラス屑の光加減といっしょですよ。

要は、品物の良さでなく、希少価値とお値段による「優越感だけ」
でダイヤモンドをお付けなんでしょ。

同じ価格でしたら、もっと見栄えのする宝石にされたら?
こんなやり取りをお客さんと楽しんでおります。

 ランキングに参加していますクリックしてくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村



赤い花玉

昨日の赤花玉です。

DSCF5036-1.jpg

小玉。穴は2mm。
昨日は、この花パーツを細引き。

出来上がりを確認する玉です。
予想通りの出来に一安心。

失敗するとガラスのムダがバカにならない。

昨日のテスト。ヒビ割れを意識的につける。

玉の艶出し時に水の中に玉を入れる。
約数秒。

水から出して予熱のために火の上に保持
温まったら徐冷の灰の中に。

細かなヒビが入るのですが
細かすぎて模様に見えません。
綺麗なヒビには程遠い。

水の中ではなく、油や泥水とか色々と
やらないと  難しいですね。

水に浸漬する時間も微妙。

まー少しずつ色々やってみます。

昨日は出来上がりの玉を石の上に落として
みました。みごとに割れてしまい写真無しです。

もっとも この玉三回位水没。
芯までヒビが入っていたのでしょう。


 ランキングに参加していますクリックしてくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村




駿府匠宿アートマーケット

2月1、2日と駿府匠宿アートマーケットに出かけていました。
昨日は片付けやらにかこつけて休息日。

さて今日の作業は?
そうそう、玉の表面に割れ模様を意識的に出せないものか
ちょっと試作してみようかと思っています。

匠宿、カメラを忘れてしまい、残念。映像無しです。

初日(土)は、お買い上げわずか3人。
人出も全く無く。出店料分赤字を覚悟。
室内は出店者さんたちの談話室のごとき風景で終了。

翌(日)は数組の団体さんもお見えで
雨にもかかわらずそこそこお買い上げ頂き
何とかガソリン代も出て一安心。

お買い上げ頂きありがとうございました。
日当分はゼロ円でしたが、楽しませていただきました。

当方室内でしたので、寒さも雨も無縁で天国気分でした。
外の出店された皆さんには申し訳ない。


当初から赤字覚悟の出店でしたので一安心と言ったところ。



 ランキングに参加していますクリックしてくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
フリーエリア
プロフィール

じざいぼさつ

Author:じざいぼさつ
性別:男性
趣味:らんちゅう
職業:とんぼ屋になりたい
毎日とんぼ玉に遊ばれています。

リンク
あなたの地域の週間天気
下のあなたの地域をクリックしてね