今年の産卵は失敗

今年のらんちゅうの産卵は失敗いたしました。

DSC_0045-965-56874.jpg

今朝 池底に死骸が目立ちまして 予防の薬浴してみるかと池をすくってみました。
これといっためぼしいらんちゅうはゼロでした。 残念半分、 手をかけてやらないのですから こんなもんさ が半分。

今年の子育ては終了です。池のぼうふら予防に又池に戻しました。
今年の孵化はやたらと和金のような尾の個体が多かった事でしょうか。
今までの孵化は和金尾の発生はほとんど無かったのでびっくりいたしましたが。

来年の事を考えて、親魚がもう相当の年齢でダメなのに加えて次世代用の二歳魚もダメ魚ばかし
はてはて 来年の楽しみがなくなりそう。 新魚を購入するとなると 万円単位の支出になってしまうので考えどころ。


 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

らんちゅう

池のらんちゅう 体調不良。 体に水カビが発生か? 白っぽくモヤモヤがくっ付いてます。
今朝一匹が横向きでプカプカ、  チェックしたらば そんな病状  早々に薬浴。

003-11_2016012311331179b.jpg

年末まで外気温度が 冬→春→冬 と温暖気候が原因でしょう。  
外飼いの場合には 11月末から3月中ごろまで 水換え無し 餌やらず で越冬させます。

越冬開始以降 水温が高めでしたから 水性カビ菌 にやられたんだとおもいます。

薬浴は水温を20度以上にしないと効果が無いため 一度温度を上げてから夕方にはヒーターを
切り 温度を下げますが らんちゅうは 冬眠からいきなり 高温水になるので 大変なストレスで

明日は5度くらいしかない 池に戻さなければ。  池に戻したあとが心配です。


黒と赤のまだらの一匹は 色変わり中の三歳魚。  
通常は 生後数ヶ月で 黒から赤に色変わりするのですが この一匹は真っ黒のままでした。

形が良かったので 捨てずに 飼うことに。
昨年晩秋 ころから 赤みがでてきました。  こうゆう金魚は一般には 先祖帰りの遺伝子を持っているので

廃棄処分が普通なんですが   出来の悪いらんちゅうでも可愛く育てると情が写ってしまいました。

らんちゅう飼育を始めた頃は やれ頭の形だとか 目幅が広いとか 尾の張り具合とか 背中のカーブとか
良いの悪いのと言っていましたが  最近は 欲も消え失せまして ただ飼う成長させていくのが楽しみとなりました。

所詮は趣味の世界。  他人様は このらんちゅうは いい金魚だよ と言ったところで 良し悪しなんか関係ないですもんね。

 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村





 

針子から青子に

らんちゅうの青子と針子です。
呼び名が 針子から青子から黒子と成長で変わります。

013-1-2.jpg

ちょっと太めが青子。棒のゴミに見えるのが針子
小さいつぶつぶがミジンコ。

今年も産卵ダメでした。
五月の中、末、先日と産卵3回しても卵は極わずかでした。

原因は先刻承知。春先からクラフト展に出かけてばかり
満足な餌をあげていなかったこと。これにつきます。
伊豆高原では一週間ですもんね。

絶食で冬を越して、春になっても食事お預けでは
抱卵する余裕など無いですよね。

それでも宝くじに当たるつもりでダメ元で孵化させています。
拡大写真の尾を見て。 左右の魚、 これが不良魚。

今朝、少しながら選別してみました。良魚はいそうに有りません。
昨年より少しましな魚がいればいいのですが? 期待はほぼゼロ。

池のミジンコを不良魚が先に食べ尽くすのでどんどん捨てました。
目先は長そうですが尾が開き不足のらんちゅう達でした。

早く黒子になってほしいものです。来年は春先のクラフト展はちょっと考えないと。

 ポチッと御協力を。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村


最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
プロフィール

じざいぼさつ

Author:じざいぼさつ
性別:男性
趣味:らんちゅう
職業:とんぼ屋になりたい
毎日とんぼ玉に遊ばれています。

リンク
あなたの地域の週間天気
下のあなたの地域をクリックしてね