暇潰しには本

パソコンも 内容がだいぶ充実してきました。
色々と フリーソフトやら 設定を導入 デスクトップも華やかに。
クリーンなハードディスクなものですから 立ち上がりの時間も短い事。

DSCF6187.jpg




さて話題も無いので  今週読みつつの本の紹介でお茶を濁します。

DSCF6184.jpg
DSCF6183.jpg
DSCF6182.jpg
DSCF6181.jpg

なんかわたくしの傾向が解ってしまう本たちですね。 言っときますが 右翼でも 左翼でもございませんよ。

小説は一切読みません。 空想の世界で遊ぶ気もないですし、言葉遊びも好きくないのでごんざる。
夏目漱石や太宰治なんぞは あくびが出てしまう。  どうしてか???・・・ なのです。
坊ちゃん なんかどこが面白いのか  オセーテ  といったところ。人それぞれなのでございます。


実写、現実の世界、 世界の今、さらにこれからどうなる?、 これこそ最高の推理小説、ドラマ。

テレビの放映内容も おもろくない ニュース見るとよくわかる。 どのチャンネルも同じでござった。
あーテレビもつまらない。  さーそうなると暇の解消は本しか残らない。

最近は本を読みながら 内容の批評をしている自分。ずいぶん厚かましい読み方してます。
本は読むほうなので  作者が三流か一流かわかってきた。


今回も三流本に出合ってしまった。 この手合いの本が実に多い。 返せば良本の少ない事。

DSCF6185.jpg

お題目が  「-・・・・・・・・・・」 と仰々しい。でも核心は書かれてない。時の流れで尻つぼみ。
あっちこっちの本や情報をかき集めて 太らせただけ。 作者の思考、予想、観測が見つけられない。

DSCF6186.jpg

この作者。
だいたいが  このてあい。 肩書ずらずら  偉そうなご本人の写真付き。
この類の作者紹介の本で 良書に出合ったためしがない。

東大、京大の教授にろくなのがいないって だれかの言葉。
そうIQが高いだけの事。 ますますそう感じた ただそれだけなのでした。

  ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

パソコンの回復ドライブ作業

SPAM とかいう ウイルス入りメールが 相も変わらずにやってきては迷惑メールに鎮座しますが
おりこうさんの Esetウィルス対策ソフト(キャノン製品) が一生懸命振り分けてくれてます。

こうなると ウィルス作って発信してるバカ がなにやら滑稽アホに 見えてくる。


ですが 相変わらず 我がPC スイッチON すると インターネットが勝手に立ち上がるエラー表示。
やたらいじくり返していましたから 自分でソフトの不具合を作っていた模様。


いい加減嫌気がさして ついにパソコンを綺麗に 更にする決断。(一大決心ですぞ)

DSCF6180-52.jpg

修復ディスクとやらを作って やっつけ。  ほーらこんなに 何にもなしの 画面。

朝からやって只今午後4時  訳も分からん、チンプンカンプン  ようやっとメールとホームページのブログを作れる設定までできました。

トータルのダウンロードだけでも相当の時間。  待ち時間に庭の草むしりして
午後は らんちゅう君の池の水交換。 そんでもまだ カタカタうごいていました。


回復完成か と思いきや  キーボードの設定が変化してるし @マークは表示されなくなってるし
Liveメールの設定がわからんし  だから解説を探すし見つからないし

初っ端の修復開始では 解説してる横文字とみてる画面がアレー違うじゃないか
BOOT だか TOSHIBA だとか エイヤーでした。 もう勘です。これEnterしてみろ状態。


そもそも  いずれこの作業しないとならない我がパソコンでした 
一度実践しておけば次が楽です と思っての開始でしたが迷走に迷走
思い返して はてどこをEnterしたのか 全く覚えていません。 そのぐらいの迷走状態。

あー やるんでなかった  後悔 ばっかり。 丸一日が吹っ飛んだ。座りっぱなしで腰イて~

まだまだ  プリンターの設定確認やら フリーソフトのダウンロードとかさ
作業がのこっていて 一個つ片づけるしかないなーー


  ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村





たけくらべ広場にレッツゴー

福井県はたけくらべ広場に桜の見物。  福井県坂井市丸岡町山竹田 福井県坂井市丸岡町山竹田94−10
Google 地図で 431キロとな。  9時間とな  エーイ レッツゴー でござりまする。

先日紹介した ナビ、パナソニックのごりら  使い方もろくろくわからん けんど 使ってみたい。
文明とかけ離れのジジイがニヤっと。 なんとなく楽し気に。

何々  山梨から 諏訪湖 伊那 木曽 下呂 郡上八幡 九頭竜ダム 永平寺の近くを通て 現地。
朝の5時にシュッパツ  国道をただひたすら  ナビ姉さんのお言葉通りに はい右 はい左

ちっとも道を覚えられん。  はて ワタシャ今どの辺りに??  この道何号線???


見てみー  立派な桜じゃ。山梨でしたがね。
DSCF6139-56.jpg
DSCF6142-56.jpg

山梨県道12号線沿いの 大桜 見事なもんじゃ。
案外知らない山梨の桜。  12号線の里は見渡せば桜の花満開。 
こんな大桜もあっちゃこっちゃあるのですぞ。    おー先を急がんとたどり着けん。


途中 木曽の木の空気を吸い 下呂温泉の看板だけ横目に 郡上八幡に。
ほら 郡上踊りの  そーです  盆踊り 徹夜踊り。

DSCF6145-55.jpg

郡上の町の山城ですわいな。  毎度気にしておりまして 今回お山のてっぺんまで。
お城の駐車場に到着   アッチャー  満車 おいおい駐車場が工事しておまん。

里じゃー 桜まつりの真っ最中。  せめて 祭りの後に工事せんかー 
しゃない デジカメでパチリで下山じゃった。

九頭竜ダムでござい。 とーいっとりますが 今回初めて見寄りました。

DSCF6147-55.jpg

この道何回走ったか?  10回以上  なんせこの道 グニャグニャ してー  トラックびゅんびゅんです。
真っすぐ道から落ちんように必死です。 ダムなんか有ったのね。

夕方にゃー 福井の丸岡城に到着さー。  なかなか風情がございましたこの近辺。
こちらも桜まつりで 綺麗な桜  満花でした。

DSCF6151-52.jpg

DSCF6155-22.jpg

見学しようも 閉館の御準備 石段の上 木戸をばあちゃんがお掃除中
まー 雰囲気感じて  よっしゃ でした。



さー  竹田の里です。  この田舎の雰囲気が好きでねー。  朝の風景。日曜日
まだみなさん ごゆっくり  そんな村の一枚。

DSCF6167-44.jpg

DSCF6170-45.jpg

こんなちっこい村なども  朝もやの中に 煙突から煙がゆらゆら上る
母ちゃんが早起きして 飯炊いてくれてる。  そんな風景さーね。

DSCF6174-50.jpg

DSCF6175-55.jpg

しだれ桜がまだ蕾  何か今年は開花が遅れ。  しだれ桜の枝も花付きが悪そう。枯れた枝も目立つ。
えいえい  ザンネンなんて思っちゃダメヨ。  あー 冬の大雪に耐えて今年も花を咲かそうと
おめーも 頑張ったんだなー  花咲いてよかったなー  とな。 誉めてやれ。

 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村




今日は少しは玉作りしないと

昨日は雨で冬のようでした。 車の中は旅支度の雑もので満杯ですが かたずけは明日にお預けに。
なんやら疲れてるような と昼寝でした。旅の走行距離を調べてみましたら 1000キロ位走りましたから
当然の結果で  普段からポケーっと暮す肉体です。  明日からにしまーす とあいなりました。

今日は打って変わって 晴天春、 ようやく桜も満開してました。
今日は片付けしてから とんぼ玉の製作、ってーか 練習するつもりです。



ほらこれ、 金箔です。 結構な枚数です。  とんぼ玉に使えと 前回紹介した ペンション木之下の女将さんがくれましたのさ。
もったいなくて直ぐには使いません 練習して 良し となった日に使いますよ。 

DSC_0097-21.jpg

金箔の入ったとんぼ玉はそれなりの風格が無いとね。  風格にふさわしい デザインも考えないと。  です。




サーテ 雑用こなさないと、
越前に持って行った とんぼ玉を 陰干し中。 金具をこれから拭く手間が。 けっこう大変なんです。
コーユーノ ワタシ スキ  ナイアル  。 でもやっちゃわないと。

DSC_0096-65.jpg


バッテリーなんかも充電しちゃってね。

DSC_0100-10.jpg



ふと庭の池。  水面の上に 蓮の新芽が顔を出していますよ。
お出かけ前は たしか 水の中。  大輪の花が咲く品種のようです。
細く可憐な新芽ですが  これが大葉に成長するんですねー  楽しみです  と水の中を覗き込み
 

DSC_0092-52.jpg

あれ?  水中に双葉が見えます。
おー庭土を池に放り込んだから  土中の雑草の双葉がでたんでした。
たくましい でもなお前はそこでは息できないんだぞ と 何となく複雑な気分でした。
普段は雑草なんかバンバン引っこ抜くくせに勝手なもんです。

DSC_0095-54.jpg


 ランキングに参加しています.ポチッと御協力してくださいませ。ブログ村のとんぼ玉が色々みられますので。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村



越前から高山、平湯

越前から帰りまして ボー ッと  しながら キーボードたたいています。

出発進行  一国を名古屋に向けて 23号線と続く道筋、 無料の高速道路のごとき快適さ。
途中にサービスエリアが無いので ト○○ が少々考えての行動に。  (オー何とか持った)

名古屋を抜ければ 木曽川に沿って北上。 日本海に出て 越前に。

日本海の夕日を正面に見ながらの露天風呂です。越前温泉露天風呂漁火から。

DSCF6109-1.jpg

道路の向かいは有名な越前カニミュージアム。 早朝6時前には  海産の仕込みで大忙しの風景。
海の女性はたくましいですなー  と一人感心なり。



昨年と同じ海岸からそびえるような山筋から一枚パチリ。越前の海岸線でした。

DSCF6111-96.jpg

海岸線沿いに細い国道が走り、両側には漁師さん達の家が並ぶ。家の背は断崖の山。
眼下の風景が霞むほどの高度差です。こんな景色だが 冬は雪と日本海の強風かー  おいらにゃ別世界。


用事を済ませて 帰路は九頭竜湖 飛騨高山から平湯経由。
白鳥(郡上八幡の上) を過ぎ高山に至る夜の山道。 道路わきの温度表示が 3度→2度→0℃ と。
おいおい凍結は❓  なんていらぬ心配道路以外は残雪で真っ白。 道には至る所に雪解け水が。
後に聞いたところが 「今年は雪が多くてねー」とのようす。

翌朝の1枚。 桜満開のこの時期に雪でした。 温暖な富士市からは想像さえしていませんでした。

DSCF6114-63.jpg


高山では 朝の6時にうどんを食す。  こう平いうどん とやらで地元で有名らしい。

sa_20170411092325982.jpg

早朝6時からやってるようで 一時はあちこちから取材が来て全国的にゆうめいになったようで。
でも 実際は 当日も仕事前の職人さんや 孫を連れた爺ちゃんや とにかくひっきりなしに入店してくる。
美味かったでーござる。  2度も3度も行きたくなる味でしたがね。


平湯ではちょっと見物。 露天風呂  わりかし知られていないのでした。
平湯民俗館(平湯のバスターミナルから直ぐ)にあります。

DSCF6123-56.jpg

脱衣所の後ろから温泉の湯気がモクモク。  料金は脱衣所前に、これです。

DSCF6124-52.jpg

この中に寸志を(300円)とありました。  はいったのですか?  って。回りは残雪いっぱいですよ。
老齢には ちょときつい。   いつもはバスターミナルの3階の風呂にはいるんです。 ここは次にとっておきます。
バスターミナルには朝から 観光客。 月曜日、 白人、韓国 チャイナ色々だ。  
ならこの露天風呂にも日本語の横に英語表記も有ればいいのに。
中国語だけは ×印 あいつらが露天風呂に入ってきたらば うるさくて情緒ぶち壊し。
やっぱりやめよう  ここの露天風呂は日本人用だ。 そうしましょう。

韓国系の若き男子が 近場の足湯場を アングル決めて真剣にパチリ 。こいつJAPANを楽しんでるな。



平湯から少し奥飛騨に向かったところの 「ペンション木之下」 さんにお邪魔」しました。

DSCF6126-10.jpg



DSCF6131-50.jpg

きったねー 我が愛車(走行距離16万キロ)で母屋が隠れてしまってます。  
こちらのおかみさんと とんぼ玉談義に花が咲きましてついつい長居を。  
宿の御名前は ペンション木之下 ですが  いいえ 素敵な御宿 でございました。旅館でございます。
初めてのお客さんは驚かれるそうです。  私も驚いちゃいました。
こちらをごらんくださいませ。   http://pkinoshita.com/

 
庭にはリスがやってきまして お聞きするとたまに来るそうです。  初めて野生のリスさんをみましたぞ。
それも訪問してわずか5分ほどの間。カメラを出すのを見てか 塀の後ろに さよならでした。

ヒノキの重厚なお温泉風呂を頂戴して大満足でございました。 もちろん飛騨牛の炭火焼きもでした。うまし。



さー後は愛妻か?恐妻か? ~がお待ちの~    自宅めざして ひとっ走りでございました。
走行距離は  まー 何百キロでしょ-なー  よくわかりません。 失礼をいたしました。

 クリックお願いします。ブログ村の新作とんぼ玉や製作ブログなど色々見れます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村




| NEXT>>

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
プロフィール

じざいぼさつ

Author:じざいぼさつ
性別:男性
趣味:らんちゅう
職業:とんぼ屋になりたい
毎日とんぼ玉に遊ばれています。

リンク
あなたの地域の週間天気
下のあなたの地域をクリックしてね